お知らせ

2019年4月10日(水)この度、当社は多賀城高等学校に災害時のトイレ問題の教材として『ほぼ紙トイレ』を寄贈させていただきました。多賀城高等学校は、東日本大震災で被災した宮城県多賀城市にあり、平成28年に「災害科学科」を設立し、防災減災教育に特色ある授業、講義、教育活動を実施しています。災害時のトイレ問題をテーマに災害科学科3年生が『ほぼ紙トイレ』の組み立てに挑戦した動画をご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=MhF-dp01PBk

関連記事一覧