お知らせ

■毎月情報を掲載いたします。

災害とトイレ対策 

1.災害時のトイレの実情
2.災害時のトイレ問題
3.国、自治体(都道府県、市町村)の対策
4.災害規模と防災トイレの選び方
************************************************

ここ数年で起きている様々な自然災害。私たちは報道(映像)により現場の過酷な状況を知ることができます。 しかし、災害時に生じる数々の問題の中で取り上げられることが少なく周知されていないのが「トイレ問題」です。

1.災害時のトイレの実情

大規模な災害直後に被災者にとって最も必要なものは何でしょうか? 水、食料、毛布、と答える方が多いと思います。被災者の支援で「飲食」「睡眠」の確保が優先事項と思われがちですが、まず1番に求められること、対応しなければならないことは「排泄」つまり「トイレ」なのです。

Q.地震発生後最初にトイレに行きたいと感じた時間はどのくらいですか?

平成28年の熊本地震の被災者へのアンケート(引用文献※1)では「地震発生後最初にトイレに行きたいと感じた時間はどのくらいですか?」との質問 に対し、発災後3時間以内は39%、6時間以内となると73%という数字が出ています。         

 

 

引用文献※1:平成28年熊本地震「避難生活におけるトイレに関するアンケート」結果報告           /特定非営利活動法人日本トイレ研究所                                  対象:平成28年熊本地震被災者のうち、災害仮設住宅に居住する世帯                     有効回答数:234名

 

また「災害避難所」をテーマに被災者を対象にしたアンケート(引用文献※2)では「避難所で過ごす中で困ったこと」は59.4%「避難所で整えて欲しいもの」は68.8%で、どちらも第1位は「トイレ」でした。避難所での問題としてプライバシーの確保がよく話題となりますが、そのプライバシーの確保はいづれの質問においても第2位。避難所で1番の問題が「トイレ」であるという実情がわかります。

Q.あなたが避難所で過ごす中で困ったことについて当てはまるものを全てお答えください。(複数回答)【n-500】

Q.あなたが避難所の施設で整えて欲しいと思うものについて当てはまるものを全てお答えください。      (複数回答)【n-500】 

引用文献※2:「災害時の避難所に関する調査」/株式会社ネオマーケティング                 対象:5年以内に被災によって避難所に宿泊された経験のある全国の20~69歳の男女               有効回答数:500名
************************************************

「排泄に待った無し!」

被災者の方々の体験談やアンケートは、災害時のトイレの実情を知る上で非常に貴重で重要な情報です。また災害時のトイレ環境は特に女性にとって厳しい状況であることが分かります。

次回は災害時のトイレ問題についてお伝えします。           

関連記事一覧